八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています

1.イメージりつくり  家族とよく話し合いましょう
どの部分をどんなふうに変えたいのか、家族それぞれのイメージがあるはずです。まずは予算を抜きにして全員の希望や不満な点をピックアップ。それから優先順位をつけ、リフォームの目的をはっきりさせておくことが重要です。

関連情報

 リフォーム事例                                      
 他の人のリフォーム事例から参考に   

 リフォームのヒント 
 キッチンや浴室など場所別のヒントを参考に 
               
「住まいの試着」



2.情報収集 雑誌やカタログ、ショールームを利用して
   雑誌やカタログから、どんなリフォーム例があるか、またはどんな
機器やデザインがあるのかなど情報を集めます。ショールームへ行くのもおすすめ。実物を見てみたり、機能を体験することができ、相談にのってもらうこともできます。

関連情報

 カタログ請求
webでの請求が便利です。



3.依頼先を検討 数社をピックアップして気軽に相談
   依頼する会社は、専門業者、近隣の工務店、住宅設備会社など。「一度声をかけると断れなくなるのでは」と不安になりがちです
が、現場調査から概算の見積もりを取るまでは無料のお店がほと
んど。気軽に相談してみましょう。


関連情報





  ステップ2  リフォーム会社に相談して具体的に検討
 

費用はどれくらいかかるの?
積極的に見積りをとりましょう。
リフォームを考えるとき、いちばん気になるのが費用でしょう。
カタログなどの実例も参考になりますが、やはり確かなのは、施工店に現場に来てもらい、説明して見積もりをとること。というのも、リフォームの場合、施工前の状態や立地条件などによって工事内容がかなり違ってくるからです。現場調査から見積もりまでは無料の場合がほとんどなので気軽に相談しましょう。何店かに見積もりをとる場合は、相見積もりであることを伝えましょう。
業者選びで気をつけることは?
許認可や施工例、アフターサービスなどをチェック!
設備機器を取り替えるなど、小さな工事には税金はかかりませんが、増改築をともなうなど住まいの資産価値が上がるリフォームの場合は、不動産取得税がかかる場合があります。一方、残念なことに、いい加減な施工をしたり、詐欺まがいの営業を行っている悪質なリフォーム業者がいるのも事実です。信頼できる業者か否かの参考になる目安は、建設業の許認可を受けているか、アフターサービスがしっかりしているか、建築工事保険や賠償責任保険などに加入しているかなど。また、施工例を快く見せてくれるか、要望に合った的確な提案をしてくれるかどうかもポイントです。
             ≫≫≫リフォームの流れのTOPに戻る





水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから