八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています

エーケンのキッチンリフォーム大辞典
 片付けが苦手です。
◎独立型よりオープンキッチンのほうがいい!?
片づけが苦手な方、「キッチンを独立型にすれば、散らかってもだれの目にも触れないわ」とお考えではないでしょうか?でもそれでは逆効果かもしれません。片づかないままでは、必要な物が必要な時に手にとれず、お料理の効率は悪くなるいっぽう。
加えて、家族とのおしゃべりもしにくいので寂しさを感じてしまいそうですね。かえって開放的なキッチンにしたほうが、多少の緊張感もあって、 キレイを保とうと思う人も多いようですよ。また、キャビネットのどこに何が入っているか家族にもわかりやすいので、片づけを手伝ってもらいやすいのもメリット。完全なオープンスタイルに抵抗があるなら、キッチンセットを対面式にして上部に吊戸棚を付けたり、リビングとの境を軽く壁で間仕切りするなどのセミオープンスタイルにしてみてはいかがでしょうか。

▲左:吊戸棚などで、ほどよくリビングとキッチンを隔てています。.右:低い壁を仕切りにしてセミオープンに。
◎便利な収納キャビネットの力を借りましょう
システムキッチンには便利な収納キャビネットやパーツがたくさん。上手に組み合わせれば、片づけはぐっとラクになりますよ。例えばフロアキャビネットは、最近では引出し式がふつう。奥まで開くので、お鍋からボウル、ザルなどどこに何があるかわかって整理がつきやすく、出し入れもしやすいでしょう。毎回使う包丁やお玉、まな板、布巾などは、引出しの中でかさばらず、取り出しやすいように定位置を決めておきましょう。引出しの厚みやキャビネットのサイドに付ける専用のラックがあるので、ぜひ利用してみてください。
 
▲最近流行のフロアキャビネットは何といっても引き出し収納が大人気!さっと楽に取り出せる工夫が優れています。
◎まとめてごっそり入れられる大型収納があると安心
食品のストックや食器などはつい増えてしまいがち。そこで床から天井までの高さのある、大型の壁面収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。たくさんのものが入りますし、扉を開ければ何がどこにあるか一目瞭然。中に人が入れるウォークインタイプもあり、急なお客様の時など、とりあえずの一時的なしまい場所としても重宝しそう。


キッチンクローゼットは、足元から天井近くまで収納できる一体型の大型収納です。
コーナーにおけるもの、  家電を収納するものなど、様々な種類があります。 

水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから