八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています


浴室リフォームをするタイミング

水廻りのリフォームは場所や個所によりリフォームを考えなければいけない時期がことなります。
ここでは浴室のリフォームを考えなければいけない時期について紹介します。

浴室リフォームを考える時期の目安は約15年です。
浴室のリフォームに関しては仕様によって痛んでくる個所が異なってきますので、それによってリフォームを
考えなければいけない時期が違ってきます。
システムバスで20年、タイル仕上げは10年から15年がリフォームを考えなければいけないタイミングになります。

タイル仕上げの場合は右の写真のようにタイルの割れやゆがみ、痛んだところから水が浸水して来るようになります。

水が浸水してくると浴室もそうですが、洗面所の床にも変化が見られ、施工事例でも紹介していますが、
土台、柱が水分を含みシロアリ発生の原因にもなります。

15年以上経つと一見きれいな浴室でも浴室、床、土台を含めしっかりと確認してみましょう。
目地やコーキングの痛みがあれば早めに補修しましょう。

 


 



 >>この他のリフォームアドバイスを見たい方はこちら

>>バスリフォーム施工事例を見たい方はこちら

   

 

 



   

 




水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから