八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています

快適なトイレ空間のポイント

トイレは家族全員が毎日使う大切な場所でもあり、そして来客時に

使って頂く機会も多く、お客様をお迎えするための「小さな応接室」

という呼び名もあるほどです。

家の中では小さなスペースですが、「家族みんなの癒しの空間」

として、「お客様をお迎えする場」として、より清潔で心地の良い

トイレ作りを考えてみましょう。

部屋に合わせたサイズと形の便器を選ぶこと

洋式便器には便器の大きさで、大型サイズと普通サイズがあります。大きなサイズは

ゆったりと座りやすくデザインも豊富ですが、問題になるのは部屋の長辺方向の寸法です。

部屋の内法で計ると、この長さが1m20cm程度で作られているトイレも多く、リフォームの

際に、大型サイズの便器を選んでしまうと、男性には狭すぎて便器の前に立ち難くなります。

トイレの巾は大抵3尺間 (90.9cm) で作られていることが多く、その場合内法の寸法は75cm

程度になります。

洗浄便座などで操作部分が大きく出っ張っているものは床掃除の時などに邪魔になりがちです

ので洗浄便座の形にも注意して選ぶようにしましょう。

また便器自体の形状が凸凹の多いものだとホコリが溜まり易く、そこに湿気が加わって落ち難い

汚れになってしまいます。


洗浄便座一体型便器

組み合わせ便器

お客様をお迎えしても恥ずかしくないよう、どこよりもキレイで清潔にしておきたいのがトイレです。

便器は大別して便器と便座を別々に選んでセットする「組み合わせ便器」と便座が一体化した

「洗浄便座一体型便器」があります。好みの便座が選べるのが「組み合わせ便器」のメリット。

「洗浄便座一体型便器」はデザイン性の高さがポイントで、特に最近人気なのが「タンクレスタイプ」。

空間が広く使える上に、スタイリッシュなトイレ空間を演出できます。ただし、別に手洗い器が必要に

なるのでその点も考慮して選びましょう。


操作性・機能性 何気なく使う機能も様々

デザインが決まったら次は必要な機能を選びます。最新の便器・便座にはさまざまな

便利・快適機能が付いていますが、機能によって価格もかなり違ってくるので必要な機能

だけを選ぶことが大切です。ポイントは清掃性、省エネ性、利便性(オート洗浄機能など)など。

メーカーによっては音楽や香りを楽しめるものまであります。各製品の機能をしっかりチェックしましょう。

入室すると自動点灯機能

便フタオートセンサー開閉機能

アームレスト付き便器


手洗器・アクセサリー

スペースに余裕があれば手洗い器やカウンターをプラスしてみては。使いやすさやグレード感が

アップするだけでなく、こまごまとしたトイレ備品の収納スペースが確保できるので、すっきりとした

トイレ空間を演出できます。手洗い器以外でもスペースに合わせてさまざまなサイズ・デザインの収納が

選べます。そしてアクセサリーも大切なポイント。デザイン性のある小さなカウンターやペーパーホルダー

・タオル掛けはトイレ空間にアクセントをつけるだけでなく、利便性も抜群です

 

 照明付き吊戸棚

埋め込み式収納ボックス

 手すりカウンター付き紙巻き器

 収納付き手洗器

 カウンター付きタオル掛け

>>この他のリフォームアドバイスを見たい方はこちら


水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから