八尾市のエーケンです。キッチンや浴室、トイレなど水廻りのリフォーム事例を紹介しています

命にも危険が! 体調の急変を防ぐリフォーム

家の中の事故は、浴室やトイレなど水回りで多く起き
ています。そしてその中でも特に目立つのが浴室で
す。

浴室は 「裸になって水を使う場所」 ですから、他の部屋とは違い意外なところに危険が潜んでいることがあるのです。

東京消防庁によると、特にお年寄りと小さな子供の命に関わる事故が多く、一層の注意が必要であると警鐘を鳴らしています。

そこでまずは今使っている浴室に危険が潜んでいないかをよくチェック! 
リフォームでそれらを改善していきましょう。
今回は、ここが危ない! 事故を未然に防ぐための浴室リフォームのポイントをお届けします。

冬になると「ヒートショック」で亡くなる方が増えます。実に、ご高齢の方が家庭内で亡くなる原因の4分の1を
占めているのです!そこで今回は「ヒートショック」の基礎知識から対策までをご紹介していきます。

ヒートショックって何なの?


ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のこと です.

室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったり

する状態のことをいいます。

室温の変化にさらされた人間の体は体温を一定に保つために、血管が急激に

収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。

ヒートショックは、心筋梗塞や脳血管障害などにつながりかねない危険な状態と言えるのです。



ヒートショックを起こしやすい人

 ヒートショックを全ての人が起こすわけではありません。
ヒートショックを起こしやすいのは、どのような人なのでしょうか?
 
 

 

「ヒートショック」をなくすヒントいろいろ

まずは「ヒートショック」が一番多く発生する浴室対策。居室と浴室の温度差を少なくすることが
ポイント。そのためには、浴室を暖める必要があります。そこで、簡単にできる浴室の温め方をご紹介します。

■□浴室の寒さ解消のヒント□■

風呂に入る前にしばらく浴槽のフタを開けておいたり、
マットやスノコを敷くなどの対策も有効ですが、
手っ取り早く浴室を温める方法としては「シャワー給湯」がおすすめです。
浴槽に湯を入れる時、シャワーを使って給湯する方法です。
シャワーで給湯すれば、効率よく浴室温度を上昇させることができます。
シャワー給湯により浴室温度は15分間で約10度上昇させることができるそうです。(東京ガス調べ)
 
 

■□入浴方法の注意点□■
つぎに、入浴の仕方により「ヒートショック」を防ぐポイントをご紹介します。

 お湯の温度は低めに設定する

浴室での事故は、入浴温度41度を境にして死亡者数の増加がみられるそうです。
浴槽に湯を張る際は、41度以下にすることを心がけた方が良さそうです。

高齢者や血圧の高い人は一番風呂を避ける

「年寄りにさら湯はいけない」聞きますよね。そのとおり!家族が入浴した後の二番湯に入れば、
浴室が温まっていますから、ヒートショックも起こりにくくなります。これは立派な生活の知恵ですね。

湯のつかり方

「かけ湯」や「半身浴」を組み合わせるなど入浴方法を工夫しましょう。これは心臓や肺を水圧の負担から
守るので、高血圧の人、高齢者、心臓や肺機能が弱い人には最適な入浴方法と言えます。

体に優しい設備機器
手軽な方法としては、暖房換気乾燥機を取り付けることですが、ユニットバスの交換リフォームをするなら
床暖房を付けておくと足元から暖かい浴室を作ることができます。

   
   

また洗面脱衣室も暖かくしておく必要があります。その際は、小さなヒーター用にコンセントを
1つ取り付けておくだけでも便利です。

 

 

 >>この他のリフォームアドバイスを見たい方はこちら

 >>バスリフォーム施工事例を見たい方はこちら

 
 



水廻りリフォームのプロ エーケンをご紹介します。


エーケンへのご相談、お問い合わせ、無料見積もりのご依頼はこちらから